院長ブログ

  • 見回り

    2017.12.9 | 院長ブログ | comment:0

     

    深夜の見回り中

    今日は犬の去勢と16歳の肝臓腫瘍破裂からの出血性ショックのオペ

    犬の去勢はいつも通り、肝臓腫瘍は疲れました中でも難度の高い部位だった上に横隔膜に癒着

    麻酔は昇圧剤を結構使いましたが安定

    胆嚢切除してからの右葉切除になりました

    まあ誰も分かってくれませんが、スーパー高難度の手術

    なんで個人でこんなんこなしてるんだろうと思う事もありますが

    仕方ない

    そういう星のもとに生まれたんでしょう

    今は見回り中

    術中はほとんど出血させていないので後は本人次第

    今見るとなんか目力が増してるような・・・

    まあ、まだ油断できませんが・・・

    そんなこんなで昼飯抜き

    どんな時でも立ってでも飯を食うし

    座った瞬間昼寝する自分にしては

    飯抜き昼寝無しは拷問です

    明日はどんなに忙しくても食べる

    いい日になるといいなあ~

     

     

  • 喫茶店は

    2017.12.8 | 院長ブログ | comment:0

    昨日は休診

    泉佐野保健所に薬事の申請後

    喫茶店で少し貯まった学術誌を読みました

    なんせ数年前までコーヒーのプルタブを

    「なんか汚ねーな」

    と思いながらも押し込んで飲んでた俺

    喫茶店と言ってもオサレなスタバとかでには行かず

    いつも行くのはベローチェあるいはサンマルク

    ドトールはなんか駄目なんだよね、コーヒー酸っぱいし

    ベローチェは立地といい、店内の雰囲気といい、オッちゃんがタバコ吸いながら新聞読んでたり、キャッチの勧誘やってたり場末感がたまりません

    それに、やっぱコーヒーは紙コップじゃなく陶器のカップでなければアキマセン

    スタバは何か店内キラキラ、夢キラキラ、自己啓発感が凄くないッスか

    今週号のSPA アラサ―ちゃんより

    これ、見た時なんか笑っちゃいました

    まあ長々書いたけどこれ載っけたかっただけでした

    チャンチャン!!

     

  • 明日も闘い

    2017.12.6 | 院長ブログ | comment:0

    明日は休診

    診察後に名曲 TMN SEVEN DAYS WARガンガン聞きながら出撃

    僕、おそらく日本で一番この曲聞いてます

    歌詞)

    Revolution”ノートに書きとめた言葉
    明日をさえぎる壁 のり越えてゆくこと

    割れたガラスの破片 机の上のナイフの傷
    理由を話せないまま 閉ざされたドア叩いていた
    すべてを壊すのではなく 何かを捜したいだけ
    すべてに背くのではなく 自分で選びたいだけ
    Seven days war 闘うよ
    僕たちの場所 この手でつかむまで
    Seven days war Get place to live
    ただ素直に生きるために

    “Communication”届かない声
    etc etc

    以下略、長いんだよ!!

     

    そんな感じで

    ウオウウオウ オウ~オウ

    ~!!

    ってなんか曲違うか!?

    天王寺ほっつきあるいてたら

    これ見っけ!!

    これ

    たぶん俺、最強の中二戦士

    当年とって齢40 思春期真っ只中

    本気になれば空も飛べるはず

    俺が行かなアカン奴ちゃうん!?

    「全然モテないんですけど、どうしたらいいッ

    スか?」

    とか聞いちゃったりなんかして

    先生困るやろうな~

    あっ妻帯者でしたっけ

    というか思春期って病気なのね

    思春期の悩みなんて半分以上惚れた腫れたの悩みっしょ

    キ〇タマ取ったら治るんじゃん

    獣医みたいに思春期きて、女追いかけたら去勢男追いかけたら避妊手術で解決

    ちゅうわけにイカンから人間の医者は大変ね

    まあそれは冗談として

    明日は休診

    ゆっくり休んで

    明後日からまた戦います

    get place to live

    うつむかず生きるために

    決まった!!

    かな?

     

     

  • 領収書

    2017.12.4 | 院長ブログ | comment:0

    年初に参加するセミナーの領収書が届きました

    年初に東京で実施されるセミナーです

    アメリカの会社なので、カードでドル決済とは聞いていたのですが

    結局いくらか不明

    額がでかいんで為替の影響で1~2万は軽く変わってしまう・・・

    恐ろしいッスわ・・・

    旅費もかかるんで結構な出費になりました

    払う時はやる気マンマンだったのですが実際来ると、手が震えます

    まあ、一番の問題は会計にどう計上するか

    やり方が分からん

    それに、需要があるかどうか

    このインプラントがないと助けられない命は確実にあるけど

    高いんだよね

    (ゴルゴ13より)

    さすが師匠!!いい事言ってます

    小難しいことは考えず

    ワクチン打たせてもらって、その日銭握りしめて飲みに走ってく

    腕と根性と力で人生まかり通る

    そういうのが理想です

  • 新しい骨折器具 タイタンロック1.7mm

    2017.12.3 | 院長ブログ | comment:0

    また新しい骨折器具買っちゃいました

    タイタンロック1.7mm

    骨折した時に骨にネジで打ちつけます

    骨に優しいチタン製

    しかし凄い色です

    まあ、タイタンロックの1.5mmと1.2mmは前から持っていたのですが

    あっ1.5とか1.7とかは骨にねじ込むネジの太さの事です

    1.7とか1.5mmとか対して違わないと思われるんですが

    通常プレート厚と固定強度が十分にあるとすると

    強度はネジの太さの二乗、つまり面積比に比例するので

    約1.7mmは1.5mmの1.3倍の強度になります

    ちなみに適応は2キロ前半の子

    一番骨折が多く難しいと言われてるゾーンになります

    今までは1.7mmはイタリア製の半年前に注文しても届かない糞インプラントしかなかったので

    良かった良かった

    今までは細めのを入れて外固定で補強したり、二枚いれたりしていたのですが、心配がまた少し減りました

    小型犬の手の骨折は難しいと言われてきましたが、これがあればもう、そうは言えません

    まあ、飼主には難しいよ~って言うけどね

    まあ難しいっちゃ難しいんですけど

    今までみたいに専門医の独壇場ではありません

    これは一匹狼の獣医の話である

    獣医師会は弱体化し、命のやりとりをする医療もついに弱肉強食の時代に突入した・・・

    その危機的な医療現場の穴埋めに現れたのがフリーランス・・・すなわち一匹狼の獣医である

    例えば、この男

    群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、獣医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼の武器だ。

    獣医、平井浩太郎。またの名を岸和田のドクターX

     

    大概の事はうまくやります

    逃げる事は基本

    いたしません!!

    間違っとったら御免ね!!

    あんま、見とらんけんね

     

     

     

     

  • 冬の風物詩

    2017.12.2 | 院長ブログ | comment:0

    当院のホテル軍団

    よく見ると皆右に座ってます

    来院したらわかるんですが、うちで預かってる子はほぼ全員右に座ってます

    僕がご飯でつったわけでもなく

    まあ、それが出来たところで皆一騎当千の強者ぞろい

    歯をむき牙をむき言う事聞くわけがないってのも冗談で

    種を明かせば

    単に床の右側半分にペットヒーターが内蔵されてるだけ

    普通はついてないんですが、後付けで取り付けました

    結構高かった・・・

    エアコンも十分かけてるんですけど、やっぱりヒーターが内蔵されてるとヌクヌクで違います

    ちなみにこれ、ケージの裏に貼り付けてあるんで、見た目は全く分かりませんが、噛んで漏電する事もないし、温度調節もできるので最高です

    お試しあれ(人は試せませんが・・・)

  • 芝生刈り

    2017.12.1 | 院長ブログ | comment:0

    今日はオペなし

    昼間に芝生刈りを実施しました

    こんなだったのが

    こんなに

    綺麗になりました

    わて個人商店の店主

    診察室では偉そうにしてますが、なんでもやります

    今回芝生刈りにあたって購入したのがこれ

    これで気分はこんな感じでエンジンバリバリ

    エンジンバリバリ、

     

    フヒャヒャヒャヒャ、

     

    バッタども皆殺しだぜ、

     

    バリバリ

     

    ドギャギャ

    なわけがなく

    実際に購入したのはこれ

    マキタのハンディ草刈り機

    値段は余り変わらないのですが、ガソリンと軽油かなんかを混合する手間、収納場所、使いやすさ、怪我したりさせたりのリスクを考えたらこれになりました

    あっバッタもね

    こういう地味さが自分のアカンところなのは分かってるんですけどね

    結果が同じなら確実な方を選ぶ

    これ性格です

    しかし、さすが世界のマキタ

    良い仕事します

    数時間でほぼほぼ終了

    ショウリョウバッタ一名に重傷者が出ましたが

    はぼ無事に終了

    コオロギとかキリギリスは分かりやすいけどショウリョウバッタは擬態で分からんわ

    後は植え木の手入れのみ

    もう少しです

     

     

     

     

     

     

     

  • 北朝鮮ミサイル発射

    2017.12.1 | 院長ブログ | comment:0

    北朝鮮がミサイルをまた発射しましたね

    今度のはアメリカ全土が射程内とか

    まあ、もともと全土が射程内のわが日本としてはあんまり関係ないんですけど

    アメリカと戦争になったらエライことです

    日本もミサイル防衛システムをまた購入するとかなってるらしんですが

    僕、素人考えで思うんですけど

    以前北朝鮮が打つぞと脅してきた電磁パルス攻撃

    なんか上空で核爆発させると電子機器が全部だめになるとか言う奴

    あれの核爆発要らない奴をアメリカが持ってるらしい

    そいつを搭載したステルス機かなんかを上空に飛ばしておいて

    ミサイル発射したら上空でドカン!!

    いくら北朝鮮のミサイルとはいえゼンマイと歯車だけで動いているわけでなし

    何かしらの電子機器を備えているだろうから

    落ちないまでも制御できなきゃ使えない

    日本で爆発させたら原発なんかが大分ヤバそうですが

    北朝鮮は原発どころかそもそも電気がない

    せいぜいラジオが止まるくらいなんじゃないのとか言ったら馬鹿にしすぎですかね?

    空間で捉える分、今みたいにマッハで飛んでるやつをピンポイントで迎撃するなんて宮本武蔵が箸で蠅をつかむみたいな話より現実的な気がするんですが・・・

    どうなんですかね?

    いずれにせよ、昔は恐怖の大王が降ってくるってノストラダムスが言ってたくらいで済んでたのに

    今は核ミサイルが降ってくるって

    まあ困ったもんです

     

     

  • 緑内障に対する硝子体内ゲンタマイシン注入術

    2017.11.29 | 院長ブログ | comment:0

    今日は緑内障に対する眼球内ゲンタマイシン注入術の検診でした

    緑内障とは、眼球内の水の流れが悪くなる事で眼圧が上昇し、視力を消失したり、痛みを伴ったりする病気です

    内科的な治療もありますが、多くは発見時に視力をすでに消失しており、痛みをどうするかが問題にある事が多いです

    当院では内科的管理が難しい症例で視力を消失している子に対して

    ①シリコンインプラントによる義眼

    ②眼球摘出術

    ③眼球内へのゲンタマイシンという薬物注入して水の産生を抑える

    をやってます

    今日は術後の検診

    すごく分かりづらいですが目が正常より少し縮んでます

    この子の場合、ドライアイがあるのでシリコンの義眼は適応外

    目の周囲に皮膚病が結構あるので眼球摘出よりゲンタマイシン注入を選択しました

    術後1カ月で眼圧は下がってきました

    もちろん見た目を考えればシリコンによる義眼が一番ですが

    まあ、犬が鏡を見るわけでなし

    人間が見た目を気にしなければこういうのもありかな、と思ってます

    なにより注入するだけなので消毒入れても2~3分で終了してしまうので結構便利です

    ただ成功率は大体半分くらいなのが欠点ですね

    自分の田舎では昔は義眼が一般的でなかったのでゲンタマイシン注入して駄目なら眼球摘出っていうのが多かった

    獣医としては義眼入れて見た目を良くしてあげたいなあ~とか思ったりもしますが

    必ずしも複雑で面倒な術式が犬にとっていいとは限りません

    よく行くちゃんこ屋の便所に

    「自分がやってあげたいと思う事をするよりも、相手がやって欲しくない事をしない事のほうが大事」

    って書いてあったんだなあ~

    やりすぎは良くありません

    しかし誰の言葉だろう?

     

     

     

     

     

  • 15歳、猫交通事故による下顎骨折治療終了!!

    2017.11.27 | 院長ブログ | comment:0

    今日は15歳の猫さんの下顎骨折の退院

    いや~苦労しました

    交通事故で瀕死で来院、下顎も骨折していたので状態が安定したのを見計らって一般的な術式であるワイヤーでの固定を実施したのですが

    一発目

    検診日に見たらなんと消毒の際に飼主さんがワイヤー曲げとる・・・

    やっと締めたワイヤー曲げとる

    ショック!!

     

    再固定、2発目

    ワイヤー締結部を皮下に埋没

    曲げれる所を無くして、どうだ!?

    と思って通常どうり2カ月固定

    抜去

    結果:くっついてない・・・

    年齢のせいでくっつかない

    ショック!!

    ワイヤーによる固定は通常1カ月程しかもたないのですが、それではこの子には短すぎる

    どうするか?

    何人かにコンサルト、外科の先生にも聞いたけど15歳って聞くと皆顔色変える

    まあ難しい

    結果骨折用のプレート固定派が多かったのですが

    やはり老齢の顎は歯周病なんかが多く感染のリスクが高い

    結局選んだのはこれ

    歯科用レジンでの犬歯間固定

    歯科専門獣医も感染のある下顎骨折はレジンを使う事が多いようです

    結果が同じなら術式はシンプルに

    これ外科手術の基本です

    そのまま3カ月固定

    本日抜去!!

    結果

    ガツガツ行ってます

    成功です

    今年悩んだ症例ベスト10には確実に入ります

    責任を果たして気分はショーシャンク

    これ

    映画好きにしか分かりません

東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間