症例のご紹介

膀胱破裂 腹壁ヘルニア 横隔膜ヘルニア同時整復

2016.12.3 | 軟部外科 | comment:0

 

ミックス猫、一歳

外から帰って来てから元気がないとの事で来院

レントゲン検査、エコー検査で腹水が貯留、腹水は尿が疑われた

また、右腹壁が破れ、皮下に腸管を触知した

尿路損傷、腹壁ヘルニア整復のため同日、外科的介入を実施した

rimg0105

膀胱破裂部

rimg0112

横隔膜ヘルニア部

rimg0106

 

腹壁ヘルニア部、ここから腸が飛び出していました

rimg0115

横隔膜ヘルニア及び腹壁ヘルニアを整復、胸腔カテーテル設置

rimg0107

膀胱破裂整復

術後、二日間ICUにて管理、2日後の胸腔カテーテル抜去、4日後に尿道カテーテルを抜去

1週間で退院した、、退院後1週間で抜糸

 

経過良好です

rimg0120

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間