症例のご紹介

上下顎骨折整復及び食道チューブ設置

2016.12.3 | 整形外科 | comment:0

1歳 猫 ミックス

しばらく食べないとの事で来院

触診およびレントゲン検査で上下顎骨折を認めたので外科的介入を実施した

rimg0046

rimg0041

上顎は骨折のため変位しており、鼻腔に通じて排膿していた

rimg0039

下顎は結合部で骨折していた

rimg0043

洗浄後、開通部を縫合、時間が経過していたっため上顎の変位は整復不可能だった

rimg0044

下顎はワイヤーにて締結、整復した

rimg0070

術後の食事管理のため食道チューブを設置した

術後二週間、食道チューブにて食事管理を実施

自力採食可能となったため二週間後に食道カテーテルを抜去した

下顎のワイヤーは1カ月後抜去

顔の変位と咬合の不整はあるが経過良好

外でネズミを取ってるとの事

rimg0087

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間