院長ブログ

筒状包皮を利用した会陰尿道ろう造ろう術をアップしました

2016.8.15 | お知らせ, 院長ブログ | comment:0

症例紹介の軟部外科にアップしました

雄猫の尿道結石による閉塞に実施します

従来法に比べ

①包皮という自然な排泄路を使用するために外観が元のまま

②従来法は尿道の広い所を皮膚の所まで引っ張ってきて縫うため、太っている子、大型の個体では術後創口が引っ張られて、飲み込まれたりと再閉塞のリスクがあったが、筒状包皮を利用すれば、柔軟な粘膜を皮下の深い所に引っ張っていって縫合するため、それがありません

③尿路の自然な排泄路を利用するため、術後の尿焼けがない

など各種の、メリットがあります

もし必要な事があれば、御相談ください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間