院長ブログ

リンパ腫検診

2016.6.12 | 院長ブログ | comment:0

リンパ腫の検診です

CIMG2550

今現在、抗がん剤治療を始めて約10カ月

来月14歳を迎えます

元気です

リンパ腫とは血液の腫瘍で、結構抗がん剤が効きます

治療は細かくいえば抗がん剤の種類なんかで色々ありますが、基本抗がん剤をやらずに1カ月前後で死ぬか、抗がん剤を選択するかですが

まあ、普通に考えて、合理的なのは抗がん剤選択でしょう(だってやらなければ死ぬんだから)

副作用が~とか年がいってるから~とか延命は~言ってやらない人が多いんですが

人間の場合、根治を狙って死ぬほどの強度で化学療法を実施しますが、獣医療における化学療法は基本、緩和治療がメイン

人と違って骨髄移植も出来ないし、無菌室も用意できないので

逆に言えば人と同じ強度での化学療法は実施できません(絶対安全というわけではないですが)

逆に出たら負けです

この子も白血球が下がったりなんかはありますが、飼主様の感じる副作用は毛がチョロチョロになった、くらいのもんです

多くの獣医師の本音だと思いますが

ここからは嫌な事言いますよ~

良いですか

本当に言いますよ

怒らないでくださいね

苦情は受付ませんからね

せ~の!!

費用面以外で抗がん剤を選択しない理由はありません(と個人的には思います)

個人的には抗がん剤は取扱も面倒だし、できればやりたくないですが、やるしかない

あっ!?やっぱり嫌われちゃいました?

当院はエビデンスと合理性をもとに診療を実施しております

ドーモ、スイマセン

今日は言い逃げ

さようなら

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間