院長ブログ

乳腺腫瘍摘出術

2013.10.10 | 腫瘍外科, 院長ブログ | comment:0

16歳、フィラリア陽性、自壊して大量出血していた乳腺腫瘍を摘出した子の抜糸が完了しました

以前から小さなしこりがあり、経過観察していたそうですが、2週間でこのサイズになったそうです

(かなりグロテスクな画像が含まれます)

術前はこんな感じ

http://www.higashi-kishiwada-ah.com/?attachment_id=1682

かなりの大きさです

抜糸後

 

元気です

現在、ワンちゃんの平均寿命は13.9歳だそうです

正直、かなりのハイリスク手術、

大きさ、腫瘍の悪性度、腫瘍血管の多さ、年齢、フィラリア感染なども半端ではない手術でした

乳腺腫瘍はワンちゃんの腫瘍で一番多い腫瘍ですが、避妊手術を実施すれば、初回発情前で0.05% 二回目の発情前で8% 二回目の発情以降の実施で26%の発生率と避妊手術で発生を予防できる腫瘍です

フィラリア予防に関しては今更言うまでもありませんが、当院の地域は周囲の自然環境も相まって感染率はかなりの割合になるようです(出来たら通年予防、抗体検査をしましょう)

また、腫瘍に関しては大きさが二倍になるスピードが人間だと一番早いものでも数カ月単位なのに対し、ワンちゃんネコちゃんでは2~3日で倍の大きさになる事もありますし、良性のものが悪性に転化することもありますので経過観察はお薦めしません

一度病気になったら治すのは大変です

自信があるから今回、手術を実施しましたが、状態が悪い子だとこちらも命がけです

医学は魔法ではありません

早期発見、早期治療及び予防が大事ではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


東岸和田動物病院

岸和田市土生町2-30-15(イオン近く)

TEL. 072-438-7878

土・日・祝も診察中

診療時間